青森県民がりんごに飽きない理由は… 『ケンミンSHOW』の解説に納得の声

『秘密のケンミンSHOW』では青森県がりんごに飽きない理由を解説し、ネットで話題に。

2020/07/24 09:20



 

■足し算より先に習うこと

さらに県民の多くには、すごい特技が。なんとそれは、食べただけで、その品種を言い当てることができるというもの。同番組では、とくに感覚が鋭いと言われる子供たちで検証を行うため、とある小学校にて取材を敢行。

その結果、自信があると話す生徒が、皮の剥かれた5つの品種をそれぞれ食べたところ、全て言い当てるという展開に。それも味だけでなく、フォークを刺した際に飛び散る果汁の量から判別するなど、ハイレベルな回答を見せた。

スタジオにいる同県出身のタレント・王林は、この検証結果を「当たり前」とし、品種の特徴について、足し算や掛け算よりも先に習ったことを明かし、会場を驚かせた。


関連記事:りんご娘・王林、青森での自粛生活で確信 「東京を恋しくはならなかった」

 

■「りんご愛をなめてた」

スタジオ同様、ネット上でも「青森のりんご愛をなめてた…」「50種類覚えるって相当な勉強が必要だぞ」と驚きの声が。

また、同県民がなぜりんごに飽きないのかと疑問に思っていた視聴者も多かったようで、「今回の放送で謎が解けた」「それだけ味に幅があるってことか」と納得の声が上がっていた。

りんご好きにはたまらない放送となった今回。青森を訪れた際には、いくつかの品種を試してみると、味の違いに気づくかもしれない。

・合わせて読みたい→カットフルーツは果物まるごとよりどれだけ割高なのか? 検証で衝撃の結果が

(文/しらべぇ編集部・東水 壮太

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

りんご名産県民青森県秘密のケンミンSHOW王林
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング