東京の新規感染者は来週以降減る? 『アッコにおまかせ』の解説に安堵の声も

『アッコにおまかせ!』では専門家・北村義浩氏が今後の新型コロナウイルスの動向を解説。

2020/07/26 14:00


和田アキ子

26日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、各地で再び感染が拡がりつつある新型コロナウイルスが大きなテーマに。長野保健医療大学の特任教授・北村義浩氏の解説に、注目が集まった。


 


 

■感染者急増の理由を分析

23日には、東京都の新規感染者数が初めて300人台を記録するなどし、政府も危機感を強めている近頃。北村氏もこの状況について「明らかに増えている」と険しい表情を浮かべる。

さらに「約2週間前の行動が現在に反映される」との考えから、6月末から7月上旬を「『県をまたいで移動していいですよ』とか、『どんな業種も営業していいですよ』となり、人の流れが良くなってきた」時期と分析し、「つけが回ってきた」と語った。


関連記事:『アッコにおまかせ』専門家の発言が波紋 「東京はすでに第二波来ている」

 

 

■「減っていくのでは」

しかし今後の東京都の新規感染者数の動向について尋ねられると、「一旦減っていくのでは」と予測する北村氏。その理由もまた、2週間前の新規感染者数にあった。

7月上旬以降に200人以上という日が続き、驚いた都民が行動を自粛し始めているとの見立てから、「来週以降は少し陽性になる方の人数は減るのでは」と考えているのだそう。

しかし経済活動も同時に進めているため、再び増える時期は訪れ、結果的に「2週間おきくらいに上がり下がりを繰り返す可能性が高い」と語った。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■安心する人の一方…
東京都ワクチンアッコにおまかせ!自粛新型コロナウイルス北村義浩新規感染者経済活動
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング