土用丑の日に食べる鰻 多くの日本人に好まれる理由とは

土用の丑の日に食べられるうなぎ。好んでいる人はどのくらいる?

ライフ

2020/08/01 10:00

ウナギ
(TAGSTOCK1/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

8月2日は今年2回目の土用の丑の日。江戸時代、平賀源内がうなぎ屋から「夏に売上が落ちる」と相談され、「本日土用丑の日」と書いた張り紙を店頭に貼り宣伝したところ、大繁盛したことが始まりだといわれる。


画像をもっと見る

 

■7割が「うなぎ好き」

長年日本人に愛されてきたうなぎだが、最近は値段が高騰傾向。どのくらいの人がうなぎを好んで食べているのだろうか? しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,894名に調査を実施した。

結果、うなぎが「好き」と回答したのは33.6%。「まあまあ好き」は38.0%で、7割以上の人がうなぎを好んでいる。


関連記事:土用丑の日、うなぎ売場に並ぶ「199円商品」が脅威の伸び代を秘めていた

 

■好んでいる年代は?

うなぎを好んでいる人を年代別に見たデータがこちら。

中高年は好きな人が7割を超え、60代は78.7%に。一方20代は好む割合が6割と差が出ている。「若者のうなぎ離れ」とまでは言えないが、世代によって好みに差があるようだ。

次ページ
■好きではない人の声は?

この記事の画像(3枚)