『ミヤネ屋』新アシスタントがかわいすぎると話題 「緊張で足が…」

林マオアナに代わり、3日から澤口実歩アナが『ミヤネ屋』の新アシスタントへ 「かわいすぎる」と早くも話題に

エンタメ

2020/08/03 17:20

テレビ番組
(alfimimnill/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、先月31日をもって同番組を卒業した林マオアナウンサーの後任として、3日の放送から、読売テレビの澤口実歩アナウンサーが新アシスタントとして就任。

緊張しながらの初登場に、早くも視聴者から多くの反響が寄せられている。



 

■岩手県出身の24歳

番組冒頭にて、宮根誠司から「今日から、林マオアナウンサーの後を引き継ぎまして、澤口実歩アナウンサーが僕と一緒に司会を務めてくれます」と紹介され、爽やかに登場した澤口アナ。

岩手県出身の24歳で、趣味には「焼き鳥店めぐり」とあり、宮根から「お酒強いですもんね!」とツッコミが入ると、「ちょっと秘密にしているので…」とたじろいでしまう。


関連記事:宮根誠司、パックンが経験した臨床実験の報酬額を聞き思わず絶句

 

■足が震えるほどのド緊張

続けて、母親の影響で幼少の頃から聴いていたという、憧れの松田聖子へインタビューをすることが目標であると、ハキハキと語った澤口アナ。

しかし、宮根から「緊張してます?」と聞かれると、「緊張しすぎて、足がガクガクしているんですけど…」と、足の震えを誤魔化しながら本番に臨んでいたことを打ち明ける。

初々しい澤口アナに「人が見てても3~4,000万人だと思いますけど?」と宮根がジョークを言うと、杉村太蔵や橋下徹氏が「そんなこと言われたらこっちも緊張しちゃう」「そんな見てますか? 100万人くらいじゃないですか?」とツッコミを入れ、場を和ませていた。

次ページ
■「かわいすぎる」早くも話題に