片岡愛之助、『半沢直樹』名アドリブに驚きの声 「天才」「さすがです」

片岡愛之助がブログを更新。『半沢直樹』黒崎駿一の名シーンに言及し、話題になっている。

エンタメ

2020/08/03 19:00

片岡愛之助

歌舞伎俳優の片岡愛之助が、3日にブログを更新。自身が出演する大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)のある台詞について言及し、ネット上で話題になっている。



 

■「長すぎやろっ」

金融庁捜査官・黒崎駿一として出演している片岡。オネエ口調でじりじりと半沢に詰め寄る怪演が人気の役柄だが、2日の第3話で前作以来の登場となった。

約7年ぶりとなるだけにお茶の間を沸かせた登場シーンだったが、ここにはある秘密があった。それは半沢に向かって「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官の黒崎です!」と名乗る一幕。なんとこれ、台本にはなかったのだそう。

片岡いわく、福澤克雄監督の思い入れの強いキャラクターだったために、その場でアドリブ的に決まったとのこと。思わず「長すぎやろっ」とツッコんでしまったようだ。


関連記事:歌舞伎役者、ウーバー配達員の顔を見て衝撃 「大変ショックでした」

 

■他にもアドリブが?

さらに「台本に無い台詞がどんどん増えるので、その場で生まれる生きた芝居が、どんどん追加される」と、アドリブの多い現場であることを示唆する片岡。

役柄には強い思い入れがあるようで、「とても楽しんで黒崎駿一の人生を生きさせて頂いてます」と話し、最後にはハートマークを添えた。

次ページ
■「何度も観ちゃいました」