英国風パブ・HUB、新型コロナ影響でメニューが近未来化 ツッコミどころも満載に

英国風パブ・HUBの食事メニューが、新型コロナウイルスの影響で大きく変化。事情を聞いてみると…。

話題

2020/08/10 05:45

HUB

新型コロナウイルスの影響を受け、営業形態が大きく変わってしまった飲食業界。ある日、記者が英国風パブ・HUBの都内店舗を訪れると、変わり果てた食事メニューを目撃することに。


画像をもっと見る

 

■魅力的なパブ文化

日本には居酒屋の文化があるが、英国に根付いているのはパブの文化。一人でふらっと立ち寄るもよし、仲間と共に楽しむもよし、店内のスクリーンでスポーツ観戦に興じるもよしと、多種多様な楽しみ方ができるのがパブの魅力だ。

日本を代表するパブと言えるHUBも80年の創業以来、多くのユーザーに愛され続けている。しかし新型コロナの影響により、フードメニューに大きな変化が生じてしまったのだ。


関連記事:マクドナルドのデリバリーでスマイルを頼むと… 「届いた商品」に涙が出た

 

■卓について衝撃

7月末のある日、記者は訪れたHUB店舗の卓でメニューをチェックしていると、従来とは様子の変わった食事メニューを発見。普段見かける紙製のメニューは見当たらず、代わりに「FOODMENUはこちら!!」というメッセージと、QRコードが印刷されたプラスチック製のシートが置かれていたのだ。

HUB

ちなみにこちらのQRコードを読み取ると食事メニューが確認できるが、そのまま画面をタップすれば注文が完了する…というわけではなく、普段通りカウンターまで行って注文を告げなければならない。

次ページ
■何やら矛盾も感じるが…

この記事の画像(4枚)