千原ジュニア、コロナ続く30年後の芸能界を予測 とんでもないマナーが…

「千原兄弟」の千原ジュニアが、 新型コロナウイルスがこのまま収束しなかった場合の“日本の未来”を予想した。

千原ジュニア

「千原兄弟」の千原ジュニアが9日深夜放送の『にけつッ』(日本テレビ系)に出演。

新型コロナウイルスがこのまま収束しなかった場合の“日本の未来”を大胆予想した。



 

■「法に触れる時代」

この日の放送では、マスク着用やアルコール消毒などについてケンドーコバヤシと議論を繰り広げたジュニア。

「マスクしてないと法に触れる時代が来るかもしれない。フランスなんかはもう罰金だっていっている」と最新事情を挙げつつ、持論を展開した。


関連記事:千原ジュニア、コロナ関係で煽るテレビ演出に苦言 「ちょっと煽りすぎじゃない?」

 

■口をむき出しにすることが…

さらに、いまやマスク着用がマナーになっていることを指しつつ、「考えれみれば、最近までみんなチ○コを放り出していたわけや。100年くらい前まで。着物の下は(下着を)つけていなかった」と、少々過激な例を出しながら力説。

そして「『30年前はここ(口)むき出しで外出てたんやで』『えー! そんな時代あったんすか師匠!』みたいに言われる時代くるかもやで」と説くと、ケンコバも深くうなづきながら同調し、「今後はファンからの握手やハグもなくなるでしょうね」と返していた。


■「トング大国」

続いてジュニアは、最近ファンと“エア握手”で交流したというエピソードを披露。

それを聞いたケンコバが「トング大活躍の世の中もやってくるかもしれませんね。麻雀とかもトングで…」とジョーク混じりにコメントすると、「トングめちゃくちゃ売れているらしい。日本はトング大国。寺沢武一先生がいま『コブラ』描いたら、腕がトングやで(笑)」とジュニアがボケを飛ばし、スタジオは笑いに包まれていた。

・合わせて読みたい→出川哲朗、後輩芸人が明かす裏の顔にスタジオ騒然 「それは嫌…」

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤