重大事故を誘発する高速道路の追い越し 無法運転にドライバーが怒り

危険が潜む高速道路。なかでも追い越し行為は危険が潜む

社会

2020/08/13 11:30

高速道路
(Tony Studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

8月2日、川崎市の首都高速道路湾岸線で、ポルシェが乗用車に衝突。乗用車に乗っていた夫婦が死亡した。

事故後、付近を走行していたトラックのドライブレコーダーがネット上に流出。そこにはブレーキを一切かけず猛スピードで走り、前を走る乗用車に追い越しを試みるも、避けきれずぶつかるポルシェの姿が。悲惨な事故の様子に、衝撃が広がっている状況だ。


画像をもっと見る

 

■危険が潜む高速道路の追い越し

非常に速いスピードで走ることから、数多くの危険が潜む高速道路。なかでも重大事故になりやすいのが、追い越し行為だ。

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,733名に実施した調査では25.4%が「高速道路の追い越しで怖い思いをしたことがある」と回答している。

事故に繋がらなくとも、「怖い」と感じた経験を持つ人は一定数存在しているのだ。


関連記事:スピード違反の女性に「ヤラセてくれたら見逃す」 21歳警官が強姦罪で起訴

 

■高齢男性ドライバーの経験者が多め

男女別に見ると傾向が出た。

60代男性の割合が極めて高く、37.2%に。運転経験が長いことなどが要因として考えられる。

次ページ
■怖い思いをした人の声は?

この記事の画像(3枚)