TOKIO・国分太一、松岡昌宏にブチギレてガチ喧嘩 「東山紀之からもらった大事な…」

『TOKIOカケル』でTOKIO松岡昌宏が「国分太一にブチギレられた」と明かして…

エンタメ

2020/08/13 18:20

TOKIO

12日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)でTOKIO・松岡昌宏が国分太一と「ビジネス不仲だった」と告白。しかしそのなかで、実際に「国分にブチギレられガチ喧嘩した」過去があったと明かした。



 

◼ビジネス不仲は名物?

King&Prince・永瀬廉がゲスト出演したこの日。永瀬は「メンバー間で不仲の設定がある」と明かし、メンバーの岸優太と高橋海人がビジネス不仲なので2人が言い合いになると「残りのメンバーがちゃんと煽ってケンカにさせる」と笑った。

松岡も「どのグループでもあるんだね」と永瀬に共感。TOKIO内では自分と国分が「ビジネス不仲。よくやった」と振り返る。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、TOKIOメンバーに抱いた印象 「本当に不思議」

 

◼松岡と国分のガチ喧嘩

あくまでもビジネス不仲と主張した松岡だが、国分は「ガチ喧嘩したこともある」と指摘。デビュー前のエピソードを語っていく。

お好み焼きを食べていた2人。満腹だったため最後のお好み焼きをどちらが食べて片付けるかで揉める。松岡が「いらないよ」と国分側にお好み焼きを勢いよく寄せると、その勢いで国分のTシャツにソースが飛び散ってしまう。

この国分のTシャツは少年隊・東山紀之にもらったもの。「スゴイ大事なTシャツだったのに、うぇーいってお好み焼きを投げてきた。だって東山さんがくれた、アルマーニだよ」とガチギレした過去を熱弁した。

次ページ
◼ファンには有名?