ユニクロと米津玄師のコラボTシャツが人気沸騰 フリマアプリを覗くと…

ユニクロ「UT」と米津玄師のコラボTシャツに反響。一部では行列できる店舗も…

話題

2020/08/14 13:00

ユニクロ

ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」は14日、人気アーティストの米津玄師とコラボしたTシャツを販売開始した。



 

■次々とトレンド入り

デザインは全6種類で、価格は税別1,500円。米津のトレードマークである猫やオリジナルキャラクターのイラストなど、彼がもつ独特の世界観が表現されたものばかりだ。

人気沸騰中である米津とのコラボということもあり、SNS上では「ユニクロ」「米津玄師UT」「米津玄師のTシャツ」など関連ワードが次々とトレンド入り。「欲しかったデザインをゲットできた」「ネコ柄がかわいすぎる」「買えたけど人気スゴかった」などゲット報告が相次いでいる。


関連記事:ユニクロのオンライン限定、じつは限定じゃなかった 新店舗が常識くつがえす

 

■行列ができた店舗も

一部ではTシャツを求める行列ができていた店舗もあるようで、「行列がスゴかった」「田舎なのに30分待った」「行列で諦めて帰ってきた」との報告も。あらためて米津の人気ぶりがわかる。

なお、ユニクロのオンラインストアでも注文が殺到。午後0時の時点でほぼ全デザインが売り切れており、XXS〜4XLの9サイズあるうちの4XLしか在庫が残っていない商品もあった。『鬼滅の刃』コラボのときもオンラインストアは「秒殺」といえるほど売り切れるのが早かったが、やはり今回もそのようだった。


■早速転売するユーザーも

また、コラボ限定商品ということもあり、転売目的と思われるユーザーが次々と定価を超える金額でTシャツを出品。2,500円〜2,800円の間で取引されており、中には全デザインをセットにしたものを出品するユーザーも。

こういった状況に「やっぱり転売されてるんだな」「わかっていたことだけど…」「やめてくれよ」と嘆く声や、「絶対買わんからな!」「見るだけで腹立たしい」といった怒りの声もあがっている。

・合わせて読みたい→ユニクロマスク、求める人が相次ぎ悲鳴 「地獄絵図」「サイトも繋がらない」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一