スナックを19回クビになった女芸人が「ホステスがおっさんにキレる理由」を熱弁

『爆笑問題のシンパイ賞』で女芸人・ヒコロヒーがスナックでの中年男性への怒りを吐露して…

エンタメ

2020/08/15 13:30

sirabee0907setouchisekkyoudanshi001
(Taku_S/iStock/Thinkstock)

14日深夜放送『爆笑問題のシンパイ賞』(テレビ朝日系)にキレちゃう系無頼派ピン女芸人・ヒロコヒーが登場。スナックのバイトを19回クビになった経緯を語った。



 

◼金遣いの荒さに悩み

自分はダメだと悩む人達に「もっとダメな話を聞いて安心してもらう」新企画『自分はまだ安心クリニック』をこの日は放送。テレビ朝日・斎藤ちはるアナが「イヤリングを買いすぎる、金遣いが荒い」と悩みを吐露した。

これにヒコロヒーは、「お金を使いすぎる以前にお金を稼げない」エピソードとして「客にキレてしまい19回連続でスナックをクビになっている」と語りだす。


関連記事:デヴィ夫人、訪れたクラブの感染症対策に絶句… ファンは夫人を心配

 

◼スナックでバイト

ヒコロヒーは「完全なるスナックフェイス」を自称するスナック向きのルックスのため、お金がないときは時給の良いスナックでホステスとしてバイトしている。

しかし、「ホステスをバカだと思っているおじ様達のしつこい絡み」にヒコロヒーは辟易。

「新潟の潟って漢字で書ける?」と尋ねられ「血液型の型かな?」と求められるホステス像を演じてみるものの、ノッてきたおじさんに手を掴まれ、潟の書き方を練習させられそうになるとブチギレ。

手を払いのけて「知識あるからズラせれんねん。アンタを喜ばすためにずっとズラしてんねん」と客にキレまくるため、19回もクビになっていると嘆いた。

次ページ
◼潟のおっさん