ぺこぱや四千頭身ら第7世代芸人が傷ついたDMを公開 「本当にヤメて」「誹謗中傷ダメ」

『お笑いG7サミット』でお笑い第7世代が傷ついたDMについて明かして…

エンタメ

2020/08/16 17:00

ぺこぱ

芸能人が手軽にファンと繋がれるSNS、お笑い第7世代芸人達もそれを活用してファンと交流をはかってきた。

16日放送『お笑いG7サミット』(日本テレビ系)では自分達のTwitterなどに寄せられた「傷ついたDM(ダイレクトメール)」について、第7世代芸人のぺこぱ四千頭身らが言及。その内容にファンから驚きの声があがっている。



 

◼傷ついたDM

ファンからのDMは激励が大半だが、なかには傷つく内容もあるという。そこで「忘れたくても忘れられないDM」を第7世代芸人達が語っていった。

四千頭身・後藤拓実と都築拓紀は「バシくんの人気でここまでこれたのになんでそこまで調子に乗れるんですか? (芸人を)やめてください」とメンバーの石橋遼大のファン・バシガールから怒りのDMが届いたと嘆く。

ぼる塾のあんりもそれに賛同して、「私と田辺(智加)さんのDMに『はるちゃんによろしく伝えてください』ってくる。舐めてんだよ」と男性人気の高いきりやはるかにDMを送っても無視されるため、自分達に送ってくると憤った。


関連記事:渡部不倫でデマ拡散 片桐えりりかへの誹謗中傷が酷すぎる

 

◼ぺこぱやガンバレルーヤも…

ぺこぱ・松陰寺が「ワイプの顔が死んでる」との指摘に傷つくと告白すると、ガンバレルーヤ・よしこも、朝の生放送に出演しただけで「よしこ観ながら飯が食えん」とバッシングされると追従。「午前中テレビ出るなって言われる」と悲しい表情を浮かべる。

ぺこぱのシュウペイは「シュウペイポーズの面白さがわからない。でも最近シュウペイさんが好きになってきた私が悔しい」とのDMに傷ついている。

松陰寺は「共演者間でも『シュウペイで笑ったら負けゲーム』が密かに始まっている。それが一般にも広まっているのかも」と推測し笑いを誘った。

次ページ
◼ファンは心配