足立区の池でカミツキガメ放流騒動が勃発 職員15人で大捜索する事態に

都内の池にカミツキガメ出没かと一時騒然。炎天下でマスクをつけて捜索活動が…

話題

2020/08/17 18:20

カミツキガメ・足立区
(画層提供:足立区)

お盆の最中都内の池に、カミツキガメが放流されたという情報が寄せられた。そのため、炎天下の中、区職員などが大捜索をする事態になったと話題だ。しらべぇ取材班は担当者から詳しく話を聞いた。



 

■攻撃的なカミツキガメ

東京都環境局によると、カミツキガメの原産地は、カナダ南部から南アメリカ大陸の北西部。甲羅の長さは最大約50cmで、四肢は強靭で頭部が大きい。雑食性で昆虫類、甲殻類、貝類、魚類や両生類のほか、鳥類や小型哺乳類の死体、水草まで食べる。

陸上に上がった個体は攻撃的で、首の伸びが素早く、大型個体にかまれた場合は大怪我が想定される。東京都内で見つかっているが、繁殖については未確認で、千葉県、静岡県で定着が確認されている。


関連記事:『池の水ぜんぶ抜く』前園真聖、特定外来生物に「世界レベルのプレス」

 

■販売・譲渡・遺棄などが禁止

動きは極めて素速く、本気を出せば人間の指を簡単に食いちぎることもできるという。2005年に特定外来生物に指定されたため、輸入、飼育(施行前から飼育されていた個体は登録すれば飼育可能)、販売、譲渡、遺棄などが禁止され、違反した場合は「外来種被害防止法違反」となる。

次ページ
■実際に池に入り捜索活動

この記事の画像(1枚)