SKE48都築里佳、あの事件のみそぎ終えSNSを再開 「未来は作れる」

SKE48の都築里佳が、4ヶ月ぶりにツイッターを更新。4月におこなった誹謗中傷の投稿について謝罪し、SNSの運用を再開した。

(show999/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

アイドルグループ「SKE48」メンバーの都築里佳が21日、ツイッターを更新。

4月にツイッターにおけるトラブルが判明しSNS使用停止処分を受けていたが、このたび約4ヶ月に再開することになり、ファンからは「おかえり」「待ってたで」と歓迎の声が殺到している。



 

■他グループメンバーの容姿を批判

「SKE48」運営元は4月22日、都築がツイッター上で「HKT48」を誹謗中傷していた事実を発表。現在は削除されているが、メンバーの容姿について悪口を書いていた。

事務所が本人に事実確認すると、行為を認めたため、厳重注意と同時に、ツイッターやインスタグラムを無期限で停止する処置に踏み切っていた。

都築も同日、「昨晩、ツイッターにて不適切な投稿をおこなってしまいました。HKT48関係者、並びにファンの皆様へご迷惑おかけしましたこと、嫌な思いをさせてしまったことをお詫び申し上げます」と謝罪。以後更新は途絶えていた。


関連記事:池田エライザ、ツイッター終了に悲鳴続出 「やめないで」「ショックすぎる」

 

■4ヶ月経過し…

約4ヶ月経過した21日、ツイッターを更新し「スタッフさんと話し本日より投稿再開させていただくことになりました」と、謝罪の言葉をつづった都築。

今回の投稿はツイッターだけにとどまり、インスタグラムは3月15日付の投稿で止まったままだ。


■心待ちにしていたファン

都築のSNS再開に対し、ファンからは「投稿楽しみにしてるね」「また頑張って」と、エールの声が続出。

一方、「やったことは消えないけど、頑張るしかないね」「過去は消えませんが、現在は変えられるし、未来は作れます」と、少々厳しめな視点で見守る声も散見されている。

・合わせて読みたい→とにかく明るい安村、ジャンポケ斉藤との格差が明らかに 同情が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)