『24時間テレビ』高橋尚子さんの中継中に… 徳光和夫の対応に賛否

「募金ラン」で走り続けている高橋尚子さんの状態について伝えられている中、徳光和夫が突然話題を変えてしまい…視聴者からは賛否の声

エンタメ

2020/08/23 18:45

高橋尚子

22日から放送されている『24時間テレビ』(日本テレビ系)にて、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが、「募金ラン」を実施。

23日午後、足まで汗だくになりながら走る高橋さんの中継中、サポーターの徳光和夫が唐突に話題を切り変えてしまい、視聴者から賛否分かれる声が上がっている。



 

■100キロを目標に走り続ける

5キロ走るごとに10万円を募金し「100キロ走破」を目標に序盤から快調なペースで走っていた高橋さん。しかし、本番前に肉離れを起こしてしまっていたことから、23日には時折足を気遣って歩く場面も。

そうした中でも午後5時過ぎには、高橋さんは98キロを走破し、目標としていた100キロを確実に捉えていた。

井ノ原快彦は、「足のサポーターを外しているようですが、状態が良くなったということですか?」と、中継中に高橋さんの足の状態を気にかける。


関連記事:水卜アナ、『24時間テレビ』で“痩せた”の声続出 「もしや…」

 

■高橋さんの中継中に…

現場のリポーターから「サポーターは外しているが、テーピングをして走っている」と説明があり、カメラが高橋さんの足を捉えると、徳光は「それにしても、太鳳ちゃんはフォームが綺麗だね…たてがみが揺れているみたいで」と突如土屋太鳳の話題に。

土屋も高橋さんの中継の少し前にスタートしたばかりだったが、高橋さんの状態について伝えられている場面での唐突な発言に、現場は一瞬混乱のうち、再び和やかな雰囲気を取り戻した。


■視聴者からは賛否分かれる反応

徳光が土屋の美しいランニングフォームに触れたことには、ファンから「太鳳ちゃん徳光さんが言う通り綺麗だよね、走る姿が。神々しい」「徳光さんが太鳳ちゃんの走りを褒めてくださって本当に救われた気がした」といった反響が。

しかし、高橋さんの状況について伝えられている重要な場面で突然話題を変えてしまうという対応には、「徳光さんどうした」「生放送向きではないかも…」など、厳しい意見も見られた。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』マラソンランナー予想に異変 ネットは森脇健児推し

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい