劇団ひとり、新人女優の仕事内容を心配して大騒ぎ 「大丈夫かこれ…」

『幸せ!ボンビーガール』では、女優志望の「上京ガール」川口葵のグラビア撮影に密着。劇団ひとりが心配して大騒ぎ。

エンタメ

2020/08/26 15:00

劇団ひとり
(写真提供:JP News)

25日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に、お笑いタレントの劇団ひとりが出演。グラビア撮影に挑む女優志望の川口葵を心配し、大騒ぎする一幕があった。



 

■ロケバスに乗り込み民家へ…

以前、番組で上京する模様を取材した女優志望の「上京ガール」川口。所属事務所は上京してすぐに決まっており、同日の放送では彼女の仕事に密着した。

駅でマネージャーと待ち合わせをする川口に、その日の仕事内容を聞くと「水着とルームウェア(を着て撮影)」と緊張した面持ちで一言。密着していたディレクターは心配そうに「え~」と声をあげる。

川口は待ち合わせ場所に現れたマネージャーとともにロケバスに乗り込むと、約2時間後には木がうっそうとした狭い道へ入り、ロケ先の民家に到着した。


関連記事:ジャンポケのマネージャーがかわいすぎると話題に 「川口春奈に似ている」

 

■だんだん緊張が和らぎ…

マネージャーから「民宿に泊まりに来た女子大生の夏のひととき」という撮影テーマが伝えられ、着替えを済ませた川口はなんとも言えない表情のままヘアメイクのセットに。その後撮影に挑むが、最初のカットはカメラマンからの要望もあり密着カメラは立ち入りNG。

後に、マネージャーに詳しい撮影内容を聞くと、数多くの人気女優が登場する『週刊プレイボーイ』(集英社)の撮影であることが判明。撮影の回数を重ねるごとに川口の表情は和らぎ、終了後には「時間経つの早く感じました」と楽しめたようだ。

次ページ
■父親目線の劇団ひとりが大騒ぎ