気象予報士が解説 台風12号、上陸せずとも300㎜程度の大雨の恐れ

関東・東北への直撃も予想された台風12号。進路がそれる予想でもまだ警戒をゆるめるべきでない理由は…

2020/09/23 20:40

気象予報士・千種ゆり子

台風12号の予想が、1日半で大きく変化してきました。 23日夜時点の最新情報を、気象予報士の千種ゆり子が解説します。



 

■依然として東北では300㎜程度の雨量予想も

台風進路予想図

22日朝時点の予想よりも、台風の進路が東にズレてきました。これによって、台風による予想雨量も減っています。関東は24日(木)は終日雨で土砂降りになる時間もありそうですが、大規模な災害が起こる可能性は低いです。

予想降雨量

一方で、まだ福島県の浜通りなど、東北の太平洋側では、200~300㎜の大雨が降る恐れがあり、これはこの地域にとって9月の1ヶ月に降る雨の量に相当します。


関連記事:日本に近づく台風10号は特別警報級に発達か 気象予報士が語る警戒点は

 

■現在の予想を踏まえての注意点

現在の予想を踏まえた注意点は以下の通りです。

① 最大200~300㎜の大雨が予想される「福島県」で、土砂災害・中小河川の増水に警戒。


② 関東でも局地的にアンダーパスなどの低地の浸水の恐れ。


③ 関東の沿岸部では最大瞬間風速35メートルの予想。今夜は倒れ・飛ばされやすい植木鉢や自転車などを家の中へ。カーテンや雨戸を閉めて就寝を。


④ 朝の通勤・通学時間帯は暴風、大雨によって「電車遅延」の恐れあり。暴風で自転車の運転も危険に。傘ではなくレインコートの用意を。


列島に近づいてこなくなったからと言って、油断は禁物。油断した時に、事故や災害は起こるものです。


■台風のトリビア?! 台風情報は3時間ごとに更新

意外と知られていないのですが、台風の情報は通常3時間ごとに更新されます。私が前回記事を書いた時から10回以上も予報が更新されているのです。

3時間ごとに予報を確認するのはさすがに大変なので、できれば半日、せめて1日に1回は気象情報を確認するようにしてほしいと思います。

・合わせて読みたい→連休明けに台風直撃か 4連休ずっと働いていた人々からは悲痛な声も…

(文/気象予報士・千種ゆり子

→Amazonバレンタイン特集2023 ギフトやご褒美に、定番チョコから人気のブランドまで

大雨台風トリビア天気気象予報士気象庁電車遅延土砂災害暴風千種ゆり子
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング