遠野なぎこ、生放送中に突然の大号泣 出演者たちが騒然とする事態に

『バラいろダンディ』に出演した遠野なぎこが突如、号泣。出演者たちが驚愕する一幕が…

エンタメ

2020/10/01 16:40

遠野なぎこ
(写真提供:JP News)

女優の遠野なぎこが30日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演。生放送中に号泣し、出演者たちが驚く一幕があった。



 

■突然の号泣にスタジオ騒然

番組では、「つらいときに歌うと元気が出る曲」をテーマにトークを展開。出演者たちが次々に思い入れのある曲について話す中、遠野は号泣しながら美空ひばりさんの『人生一路』を挙げる。

突然の涙に出演者たちが「どうして泣いてるんですか!?」と驚くと、遠野は「つらいときに毎回聴いて…」と話し、言葉が出ないのかついに声をあげて泣き始めてしまう。


関連記事:『24時間テレビ』どぶろっくの下ネタにネット騒然 水卜アナたちの反応は…

 

■『人生一路』で自身を鼓舞

さらに、フリーアナウンサーの垣花正から「本当につらかったときを思い出したんですか?」と聞かれると、「うん。でも、『負けちゃいけない。自分で選んだ道だから』って言ったんです。すばらしいです」と当時を振り返った遠野。

「遠野さんがこの歌で自分を励ましていたことが新鮮で、ここまでの歌なんだなってあらためて教えられました」と感心する垣花に、「歌には魂があるんですよね〜。やっぱり」とうなずいていた。


■音楽が助けになった経験は…

『人生一路』とともにつらいときを乗り越えた遠野。世間でも、音楽によって救われた経験がある人は少なくないだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名に調査したところ、全体の49.5%が「音楽が人生の助けになってくれたことがある」と回答。性年代別で比較すると、全年代で男性よりも女性の割合が高い結果となっている。

音楽が人生の助けになってくれたことがある性年代別グラフ

思わず号泣してしまった遠野だが、その後はタレントの橋本マナミとともに番組恒例ともいえる口喧嘩をして盛り上げており、笑いの絶えない放送となっていた。

・合わせて読みたい→加藤浩次、尾崎アナの手抜き疑惑を指摘 思わぬ被害が出てしまう

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)