マツコ街ブラロケ番組『夜の巷を徘徊』の番組名変更が判明 「変えるしかしょうがない」

『夜の巷を徘徊しない』でマツコ・デラックスが同番組の番組名変更に触れて…

マツコ・デラックス

1日深夜放送『夜の巷を徘徊しない』(テレビ朝日系)でマツコ・デラックスが同番組の番組名の変更に触れ、大きな反響が起きている。



 

◼『徘徊する』から…

もともとは『夜の巷を徘徊する』が番組名。マツコが夜の街に繰り出して散策、街と人との出会いを楽しむ番組だったが、新型コロナウイルスの蔓延以降は街ブラロケを自粛しスタジオ内での「妄想徘徊」に花を咲かせてきた。

この日、番組スタッフから「番組タイトルがちょっと変わります」と伝えられたマツコは「変えるしかしょうがないわよね」と賛同し持論を展開していった。


関連記事:マツコ・デラックスが芸能界引退を真剣告白 「何年かはやるけど…」

 

◼「できない」じゃなくて「しない」

『夜の巷を徘徊する』から『夜の巷を徘徊しない』への変更が告げられると、「いま、ウソついてるから」と徘徊していない現況をマツコが指摘。さらに「しない」が重要だと熱を帯びていく。

「いまのテレ朝さんとかは『できない』にしがちじゃない、全部ひとのせいよ、アンタ達は」と苦言を呈しながら、「じゃなくて、こういう状況下であっても『しない』のを自ら選択している。その差なんですよ」と「しない」に込められた意味を力説した。

次ページ
◼ホームページも変更
ロケマツコ・デラックスタイトル変更夜の巷を徘徊する街ぶら新型コロナウイルス夜の巷を徘徊しない番組名マイナーチェンジ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング