草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に感じた理屈ではない映画の素晴らしさ

9月25日(金)に全国公開された『ミッドナイトスワン』。SNSや映画レビューサイトで感動の声が相次いでいる。

2020/10/03 05:15

ミッドナイトスワン
( ©2020 Midnight Swan Film Partners)

草彅剛が主演を務める映画『ミッドナイトスワン』が、9月25日(金)に全国公開された。公開から1週間、SNSや映画レビューサイトで「素晴らしい作品だった」「観ることができて良かった」など、絶賛の声が相次いでいる。


画像をもっと見る

 

■凪沙と一果が出会い物語が始まる

ミッドナイトスワン
( ©2020 Midnight Swan Film Partners)

本作のストーリーは…

故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立ち、ひたむきに生きるトランスジェンダー凪沙。ある日、養育費を目当てに、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることに。常に片隅に追いやられてきた凪沙と、孤独の中で生きてきた一果。理解しあえるはずもない二人が出会ったとき、かつてなかった感情が芽生え始める。


といった内容である。草彅が凪沙、オーディションで選ばれた演技未経験の服部樹咲が一果を演じた。


関連記事:香取慎吾、独立して3年経つも「テレビ出れない」と本音 草彅剛の一言に驚き

 

■作品の是非はそれぞれ

ミッドナイトスワン
( ©2020 Midnight Swan Film Partners)

もちろん、作品の是非はそれぞれだ。必ずしもハッピーエンドとは言えない最後を迎えるし、途中の描き方に疑問を抱いた人もいるかもしれない。

本作の監督である内田英治氏も「多様な意見がある。素晴らしいこと。人の数だけ意見が富んでる。素晴らしいこと」と自身のツイッターで発言している。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■気付いたら泣いていた
映画草彅剛ミッドナイトスワン服部樹咲内田英治
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング