歌手デビューした花田優一、「本業は何?」と聞かれ… 回答に田村淳が共感

靴職人で画家で歌手デビューをした花田優一が『グッとラック!』に出演。さまざまな肩書きがあるが、本業は…

エンタメ

2020/10/08 13:00

花田優一氏

靴職人でタレントの花田優一が8日放送の『グッとラック!』(TBS系)に生出演。自身の「本業」について話す一幕があった。



 

■視聴者からの質問に回答

9月に歌手デビューをした花田だが、SNS上では「歌手やってる場合じゃない。早く靴を納品しなさい」などと批判が相次いでいた。こういった言葉は本人にぶつけられることもあるようで、花田が餃子店で食事をしていたところ、後ろにいた中年男性から「こいつ靴も作らないで餃子食ってやがる」と言われたこともあったようだ。

スタジオに生出演した花田に「視聴者からの質問」と題して、「本業は一体何?」と質問をぶつけると、花田は「『本業』っていうワードに固執しないようにしようと思っていて。僕っていうフィルターを通して作品で表現しているだけ」とコメント。

「もちろん一つの職業で行くことが美学っていう方もいると思うんですけど、僕はいろんなものから刺激を受けて相乗効果ですべてのもので良いものを作り出しているので。日本の肩書き社会っていうものに疑問みたいなものはあったりします」と話した。


関連記事:食事中のマスク問題を解決 周囲と差をつけるマスクケースが登場

 

■田村淳も「考え方は一緒」と共感

この意見に、ロンドンブーツ1号2号の田村淳は「ネットのニュースだけ見ていたら花田さんのことを勘違いしてた」とコメント。

自身も芸人という肩書きについて疑問を抱くことがあるようで、「本人がやりたいことをどれだけやれるか」が大切だとし、「まさに考え方は一緒だと思う。俺も肩書きに全然こだわらないし」と共感した。

次ページ
■「見方が変わった」の声も