副業時に起こり得るトラブルが怖すぎる コロナ禍で関心高まるも慎重に

コロナ禍で副業への関心が高まっているけれど… 副業時には様々なトラブルが起こりやすいこともまた事実

コラム

2020/10/11 07:40

パジャマでテレワーク
(satamedia/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

コロナ禍では、働く個人のキャリア観に大きな変化が見られています。しかし、副業をするにあたってはいくつか注意しなければならない問題も。具体的な事例を元に、齋藤健博弁護士に解説していただきました。



 

■コロナ禍で副業への関心高まる

エンワールド・ジャパンの調査では、多くの個人が新型コロナをきっかけに「副業での収入を増加したい」「会社に依存した働き方への不安」などをあげられていました。

しかしその一方で、インターネット上では多くの副業に関するトラブル事例も報告されています。


関連記事:「出会いがない」と嘆いている人へ 中村愛がオススメする出会い必勝法14選

 

■必ず就業規則の確認を

弁護士・齋藤健博先生

――副業時にトラブルに巻き込まれないためには、どのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

齋藤弁護士:副業は、あくまでも本業があっての副業です。本業に付随する業務かもしれませんし、本業とは無関係な業務かもしれません。


本業以外に収入を得る手段を得るわけですから、法律的には、本業を遂行するにあたって障害、たとえば本業で禁止されている行為をすると、退職などの不利益が生じかねません。


おもに穴になりやすいのは、本業に対するレピュテーションリスクです。本業の正社員や正規雇用を受けている立場であれば、就業規則により、さまざま義務が課されていることを確認しておきましょう。

次ページ
■犯罪に巻き込まれるケースも…