TOKIOと若手が全員揃ってウニしゃぶ作り 『鉄腕DASH』が神回と話題

TOKIOの4人と森本慎太郎、草間リチャード敬太が全員集合

エンタメ

2020/10/12 06:00

TOKIO

11日の『ザ!鉄腕!DASH!!』はDASH島。TOKIOと森本慎太郎、草間リチャード敬太がDASH島に集合した。



 

■ウニしゃぶ作りを提案

城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也のTOKIOに加え、森本慎太郎と草間リチャード敬太がDASH島の舟屋に集合。ここで城島が「ウニしゃぶしゃぶ」作りを提案する。

この日はそれぞれが忙しいスケジュールを調整し、初めて6人が揃った「奇跡の日」。6人はウニしゃぶしゃぶの具材「出汁、白身魚、ウニ」を集めるための作戦を練ることに。


関連記事:『鉄腕DASH』松岡昌宏の発言に視聴者悲鳴 「あのときは5人だったけど…」

 

■担当を決めることに

ウニ担当は、素潜りのセンスを評価された森本と、北海道出身で小さい頃から海に慣れ親しんだ松岡が指名される。

そして白身魚は釣り歴20年以上、3メートルを超えるカジキを釣り上げた経験を持つ長瀬と「意外と釣る」国分。城島は体力の低下が激しいことから、リチャードと出汁を作ることに。

海に出た森本は、人生初のシュノーケルに大苦戦。一方経験豊富な松岡は、さすがの潜りと手つきでムラサキウニとサザエを捕まえてみせる。森本もシュノーケルに慣れると、自力でムラサキウニを捕獲することに成功した。

次ページ
■城島とリチャードも魚介類を…