6割が何気ない一言で人を傷つけた経験あり 多感な年頃にはとくに注意を

会話は、距離を縮めるためにも重要である。しかし何気ない一言が、相手を傷つけることもあるので注意が必要だ。

人間関係

2020/10/17 20:20

言葉は、人に寄り添うこともあれば、傷つけることもある。何気ない一言が相手を傷つけるために、あつかいにくいものだともいえるだろう。


画像をもっと見る

 

■「人を傷つけた」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「言葉について」の調査を実施した。

何気ない一言で人を傷つけてしまったことがあるグラフ

「何気ない一言で人を傷つけてしまったことがある」と答えた人は、全体で62.0%だった。


関連記事:2人に1人が心の狭さを自覚 「気づいてさえいない人がほとんど」との声も

 

■多感な年頃の人に

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

何気ない一言で人を傷つけてしまったことがある性年代別グラフ

多感な年頃の人を相手にするときは、注意したほうがいいだろう。

「職場にいるバイトの大学生の頬に大きなニキビができていたので、『ニキビができて痛そう、大丈夫?』と声をかけたら黙り込んでしまった。


こちらは気をつかって言ったつもりだったけれど、あちらは気にしているために触れられたくなかったみたい。若い子の気持ちって、繊細なのだと改めて思った」(30代・女性)

次ページ
■自分では気づかない人

この記事の画像(3枚)