「夫の見た目がタイプでない」 8割近くが感じる理想と現実の違いとは

理想と現実に差がありすぎると、人は落ち込むものである。どのうようなことで、ショックを受けているのだろうか。

ライフ

2020/10/18 20:40

思い描いていた理想とあまりにも違うために、ショックを受けるのはよくある話だ。人々はどのようなことで、理想と現実は違うと感じているのだろうか。


画像をもっと見る

 

■「理想と現実は違う」8割近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「ギャップについて」の調査を実施した。

理想と現実は違うと感じた経験があるグラフ

「理想と現実は違うと感じた経験がある」と答えた人は、全体で76.9%だった。


関連記事:「こうするべき…」 20・30代女性は自分の価値観を人に押し付けてしまいがち?

 

■夫の見た目がタイプでない

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

理想と現実は違うと感じた経験がある性年代別グラフ

パートナーの容姿が、理想とは違うという女性も。

「私は、細身で身長が高い人がタイプのはずなのに、夫は身長が低くさらに少しぽっちゃりとした体型をしている。見た目がまったくタイプではないので、最初は恋愛対象とは見ていなかった。


しかし話していてとても優しい人だとわかったので、だんだんと私も彼に惹かれていった。見た目は理想とは違うけれど、いい人と巡り合えて幸せだとは思っている」(30代・女性)

次ページ
■サンプルと実物の違い

この記事の画像(3枚)