ウエンツ瑛士、「不倫を犯罪に」発言に賛否の声 その真意が話題に

『ワイドナショー』では瀬戸大也選手の不倫報道が話題に。ウエンツ瑛士のコメントに注目が集まった。

エンタメ

2020/10/18 12:00

ウエンツ瑛士

18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、競泳の瀬戸大也選手の女性問題がテーマに。タレント・ウエンツ瑛士のコメントに注目が集まった。



 

■不倫の法制化に言及

女性との密会が一部週刊誌に報じられた瀬戸選手。年内の活動停止などが決定したことでさまざまな意見も出ているが、ウエンツはまず一言「(処分の良し悪しについては)分からない」とコメント。

さらに「どこからどこが世間の声で、どれだけの人が処分を望んでいるのか分からない」としたうえで、だからこそ「そういうグラデーションにならないように、人によって違いが出ないように、(不倫を)犯罪として認めちゃえばいいと思った」と話し、スタジオを驚かせた。


関連記事:上白石萌音、ウエンツ瑛士に会いに渡英していた? 誤解招く言い方にツッコミも

 

■「まったく望んでいない」

業種やもともとのイメージによって、同じ不倫にしても世間の反応が大きく変わることを挙げ、「何が一番正しくジャッジできるかって言ったら、法しかないと思った」と話すウエンツ。

しかし本人は、そうした法制化は「まったく望んでいない」という。あくまで「みなさんが公平に受けることができるなら、それしかないかな、というひとつの結論」と語った。

次ページ
■さまざまな賛否の声