需要が謎だったユニクロ商品 レビュー欄が「感謝の嵐」で注目集まる

「ユニクロ」のキッズ商品の160サイズに対し、ネット上で注目が集まっている。特に目を引くのはそのレビュー欄で…。

2020/10/19 05:45

ユニクロ

ユニクロ」といえば、言わずと知れた日本を代表するアパレルブランド。近頃ネット上では、ユニクロ商品の「思わぬ活躍」が注目を集めていることをご存知だろうか。



 

■ふとした疑問から…

話題の発端は、ツイッターユーザーの「まちるだ | Machiko Yamashita」さんが13日に投稿した一件のツイート。子供用のユニクロの肌着を探していたまちるださんは、「なんで160サイズのボディスーツが必要なの?」と、ロンパース型の肌着にかなり大きめのサイズがあることを疑問に思ったそう。

しかし、ユニクロ公式サイトの同商品ページを見て、直ちに納得。レビュー欄には、障がい児の親からの感謝の声が多数寄せられていたのだ。


関連記事:ユニクロ、本日より待望のヒートテック商品を展開 昨年からの変更点が嬉しすぎる

 

■ユーザーが感謝しているポイント

こちらの商品は「コットン前あきクルーネックボディスーツ」といい、その特徴の全てが商品名に詰まっている。

中でも最大のポイントは「前あき」という部分にあるようで、レビュー欄を見ると「胃瘻や呼吸器があり、かぶり着用ができない子には本当に悩みの種でした。ユニクロさん、大きめサイズ、値段の抑え、完璧です。ありがとうございました」「素材がコットンなのが嬉しい。胃瘻側にスナップボタンがついて前あきなのも良いです」といった具合に、多数のユーザーの感謝の声が確認できた。

そこで記者は今回、ユニクロのPRチームに取材を実施。同商品誕生の経緯について、話を聞いた。

次ページ
■「ユーザーの声」が切っ掛けに

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

ユニクロアパレル子供服ボディスーツ障がい
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング