肌が弱い人の防寒インナー選び 無印良品とイオンが救世主だった

『無印良品』と『イオン』の防寒インナー。優しい素材で、肌が弱い人にもオススメだった。

ライフ

2020/10/19 08:20

朝晩の冷え込みに加えて、日中も肌寒さを感じる近頃。トップスの下に、防寒インナーを仕込み始めた人も少なくないのでは。


画像をもっと見る

 

■インナーによって肌荒れする?

代表的な防寒インナーといえば、体の水分を吸って発熱する素材の商品を思い浮かべる人も多いはず。その効果が強い商品もあり、温かくて寒い冬にピッタリである一方、肌が弱い人は「体の水分を吸う」機能によって肌が乾燥し、荒れてしまうことも。

記者も生まれつきアトピー性皮膚炎を患っており、こうした素材を使ったインナーで肌荒れした経験があるひとりだ。

そこで今回は、インターネット上で「肌に優しい」と人気を集める綿素材を使った防寒インナーを2点紹介しよう。


関連記事:佐々木希、NASA用素材の部屋着でリラックス 「気持ちよさそう」と反響

 

■話題になった無印のインナー

まず、近頃SNSで話題になった『無印良品』の「綿であったかUネック八分袖Tシャツ」(税込990円(購入時価格は税込790円))。写真の商品は黒とオフホワイトだが、カラーは他にもライトベージュとチャコールグレーがあり、首の形もVネック・ハイネックのものがあった。

無印良品

記者はインナーのピタッとした感じが苦手なため、婦人用のLサイズを購入。ちなみに、記者の身長は156cmである。

実際に着てみると、袖は八分袖とあって少々短め。腕や肩周りはピッタリしているが、腹部は比較的ゆったりしている。

無印良品

首周りはかなり大きく開いており、上からニットなどを着ても、インナーがチラリと見えてしまうことはなさそうだ。

無印良品

また、素材は綿93%(オーガニックコットン)、ポリウレタン7%。わずかに化学繊維が入っているが、ストレッチ性があって肌当たりもふんわり優しく、温かい。

無印良品

次ページ
■イオンは綿100%のインナー

この記事の画像(9枚)