FAKY、配信シングル3部作の第2弾『little more』リリース決定

FAKYが11月4日(水)に新曲『little more』を配信。10月26日(月)17時には、歌詞が先行公開される。

エンタメ

2020/10/19 13:30

FAKY

次世代ガールズユニオン・FAKYが、11月4日(水)に新曲『little more』を配信することが発表された。



 

■タイトルに込められた思い

今作は、「ティーンの人気のバロメーター」とされるLINE MUSICでウィークリーチャートTOP5にランクインしたエモチル系ラブソング『ダーリン(Prod. GeG)」に続く配信シングル3部作の第2弾。

「あともう少し」という意味を持つタイトルの『little more』は、新型コロナウイルスの感染拡大の中、あらゆることへの自粛・制限が余儀なくされた2020年の社会的背景も踏まえつつ、到達一歩手前の段階にある最高潮に達したフラストレーションをパワーに変えていこうとする葛藤が込められている。


関連記事:新宿駅東口の大看板にうつる美女を知ってる? Z世代のカリスマ・Hinaに大注目

 

■歌詞の先行公開も決定

また、メンバーのLil’ Fangも作詞に携わった歌詞が、10月26日(月)17時に、歌詞検索サービス「歌ネット」にて先行公開されることも決定した。

Lil’ Fangは、今年2月にリリースされた楽曲『half-moon』の作詞も手がけており、メンバーのHinaがABEMAの人気恋愛リアリティショー『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演して感じた思いを歌詞にしている。


■『NEW AGE』以来のダンスナンバー

FAKYといえば、昨年11月には、同レーベルの先輩にあたる倖田來未が自身初の作詞提供した『NEW AGE』をリリース。

『スッキリ』(日本テレビ系)の「WEニュース」コーナーにて生披露し、ツイッターで「FAKY」がトレンドで5位にランクインするなど、話題となった。

今回リリースされる『little more』は、その『NEW AGE』以来のダンスナンバーでもあり、彼女たちらしいセンセーショナルな楽曲となっている。

・合わせて読みたい→元ベイビーレイズJAPAN大矢梨華子 「アイドルだったから歌える歌詞がある」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

この記事の画像(1枚)