Go To Eat開始したくら寿司、超お得だが家族連れには落とし穴も

くら寿司のGo To イート、思わぬ落とし穴が…

グルメ

2020/10/20 08:00

19日からGo To Eatキャンペーンに参加したくら寿司。もともとリーズナブルな回転寿司がさらにリーズナブルになるため、記者が訪れた日も平日早めの時間帯にもかかわらず大盛況だった。



 

■利用方法も簡単

利用方法も簡単で、EPARKという予約サイトで予約し、その時間に行って食事をして会計後のレシートの写真を送れば比較的短時間でポイントがつくため、非常に便利でもある。

しかし、便利な反面くら寿司でGo To Eatを利用するときに、家族連れだと大変なことになる可能性もあることが判明した。


関連記事:Go To Eat最強コスパ焼肉『安安』が激安 家族で行って4千円以下も

 

■相当な量を食べなければいけないことも

それはディナーだと1人あたり1,000円以上食事をしなければポイント付与の対象にならないため、1,000円食べられない子供を連れて行った場合、親がとんでもない量の食事をしなければならなくなるのだ。

小学校高学年以上なら10皿ぐらいは食べる子供も多いが、低学年や幼児の場合、だいたいがうどん1杯や寿司も3~5皿程度食べたらお腹いっぱいになってしまう。そのため、親が1500円分食べなければならず、帰る頃には腹がはちきれそうになっていることも。

次ページ
■テイクアウトや1貫200円で調整可能

この記事の画像(1枚)