ファミマ、100円の冷凍野菜シリーズが便利すぎる コスパを検証したら…

ファミリーマートの「このまま使える」野菜シリーズが便利! コスパを検証してみると…

グルメ

2020/10/24 09:20

ファミリーマートは10月20日から、冷凍食品の「お母さん食堂」シリーズのパッケージデザインの変更やラインナップを全10種類に拡大するとともに、価格を税抜き100円に統一。しらべぇ編集部は、その中の「このまま使える」シリーズを実際に購入することにした。


画像をもっと見る

 

■手軽さが嬉しい

販売されているのは、「きざみねぎ」「きざみオクラ」「ブロッコリー」「カットほうれん草」「乱切り揚げなす」「いんげん」。そのままかけて使うものや、自然解凍や流水解凍や電子レンジで解凍するものもある。

いずれも指定農場にて厳格な基準の元に栽培された野菜を使用しているとのことで、毎日使うものだけに品質へのこだわりも感じられる。

試しに海鮮丼の上にかけてみた。冷凍のねぎだとどうしても水分が出てしまうが、やはりねぎがあるのと無いのとでは彩りもテンションも変わってくる。


関連記事:『あさイチ』性的同意の特集が反響 SHELLYの言葉に「ハッとさせられた」

 

■手作りで面倒な「揚げなす」も…

ラインナップの中には「乱切り揚げなす」も。揚げるのが面倒なナスがこの価格で気軽に手に入るのはかなり嬉しい。SNS上でも「面倒くさいから100円で買えるのはかなりいい」「毎日食べたい」といった声もみられている。

かなり便利なことはわかったが、気になるのは「コスパが良いか」ということ。冷凍食品の野菜自体はさまざまなスーパーなどでも売られており、常備している人も少なくないはず。

そこで、イオンのトップバリュシリーズで売られていた冷凍食品と量などをくらべてみることにした。

次ページ
■トップバリュ3品と比較

この記事の画像(11枚)