千鳥・ノブ、前職を明かし驚きの声 「超エリートじゃん…」

『ダウンタウンなう』に千鳥・ノブが出演。SHARPで会社員として働いていた過去を明かした。

エンタメ

2020/10/24 07:20

千鳥・ノブ

23日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、特別企画「人志松本の酒のツマミになる話」の第4回を放送。千鳥・ノブが明かした驚きの前職に、視聴者の注目が集まった。



 

■鈴木紗理奈の夢は?

今回、なかでも盛り上がったのは、女優・鈴木紗理奈が掲げた「芸能界に入っていなかったら、何をやっていた?」というテーマ。これについて、まず本人が語り始める。

学生時代に留学をしたいと考え、英語をかなり勉強していたという鈴木。芸能界に入ったことにより、その夢は一旦保留となったようだが、現在でも「諦め切れていない」と話す。

さらに、いつかアメリカで寿司屋をやりたいと語り、具体的には「和服を着て、ちょっとセクシーにマグロをさばいて…」と考えていると語った。


関連記事:『とくダネ』小倉智昭、千鳥にタブーな質問 「すごいこと聞きますね!」

 

■会社員だったノブ

続いて振られたノブは、「僕はふつうに会社就職してたんで…」とコメント。何の仕事かと問われると、「電機メーカー、SHARPです」と答える。

誰もが知っている社名に、スタジオからは「ええー」と驚きの声が。さらに芸能界に入らなかった場合についても、「サラリーマンしてんじゃないんですかねえ」と語っていた。

次ページ
■「やっぱり頭いい」