40代女性の3割が「社会人になって5回以上転職」 ライフステージの変化で

一つの会社に勤め上げる時代は終わり、転職をする人は増えている。5回以上転職した人は、どれほどいるのか。

ビジネス

2020/11/01 19:40

一つの会社に勤め上げる人は減り、転職はめずらしいものではなくなった。しかし転職回数が多い人に対しては、評価が分かれるところだろう。


画像をもっと見る

 

■「社会人になって5回以上転職」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女734名を対象に調査したところ、全体の18.7%が「社会人になってから5回以上転職した」と回答した。

社会人になってから5回以上転職したグラフ


関連記事:6割に「付き合いきれないと思った相手」あり 温厚な人が怒りを覚えた相手は

 

■ライフステージの変化で

性年代別では、40代以上の女性が高い割合になっている。

社会人になってから5回以上転職した性年代別グラフ

ライフステージの変化により、仕事を変わる女性も多いようだ。

「結婚や出産など、ライフステージが変わる度に仕事を辞めていた。そして落ち着いたら仕事を探すのを繰り返していたために、転職回数が多くなっている」(40代・女性)


「子育てに加えて、夫の転勤などで転職せざるを得ないときがあった。状況によって仕事を変えているうちに、結果としていろんな職種を経験できた」(40代・女性)

次ページ
■家庭があるので転職せず

この記事の画像(3枚)