爆笑問題・太田光、伊藤健太郎逮捕に持論 「自分に一番失望してると思う」

爆問太田、『サンデージャポン』では伊藤健太郎の道路交通法違反(ひき逃げ)について持論を展開した

エンタメ

2020/11/01 12:30

伊藤健太郎
(写真提供:JP News)

1日放送の『サンデージャポン』(TBS系)では、10月29日に起きた俳優・伊藤健太郎の道路交通法違反(ひき逃げ)について、MCを務める爆笑問題の太田光が持論を展開した。



 

■一番失望しているのは自身に

太田は、自身が監督を務めた映画『光へ、航る』に伊藤が出演したこともあり、番組内では「健太郎」と呼ぶ。

そんな太田は、今回の事故について「とっさのときにどうするのか。一番自分に失望しているのは、健太郎自身だと思う」と言及。


関連記事:『スッキリ』伊藤容疑者の逮捕で… 加藤浩次が放った“怒りの一言”に称賛

 

■「気が動転してしまった」の解釈

その後太田は、事故を起こしてしまったあと、ケガした人を置いて一旦現場から立ち去ってしまったことについて伊藤が「気が動転してしまった」と話していることに触れ「そういう気持ちもあったと思う」と慮る発言も。

しかし、同時に「人間には、本能的に人のために自分を消すことができる人と、学習しないとできない人の二通りの人間がいる」と語る。太田は「俺は学習しないとできない」と言うと「健太郎は、この経験で自分のことを思い知ったんじゃないかな」と複雑な表情を浮かべた。

次ページ
■多額の違約金報道も