ブラマヨ吉田、都構想関連投稿へのリプライに反論 「キメツケの刃はダメだぜ」

大阪都構想についてブラマヨ吉田が言及。一晩明けツイートに対し謝罪をするも様々な意見が。

エンタメ

2020/11/03 05:00

ブラックマヨネーズ・ブラマヨ・吉田敬
(写真提供:JP News)

2日、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬がツイッターを更新。自身の意見に対する反論に対し、流行りの『鬼滅の刃』を使いながら返答している。



 

■大阪都構想に対し言及

1日に行われ、住民投票によって否決された大阪都構想について「子供の養育費、給食、塾、妊婦さんの検診費用。他にもたくさんのお得がある」と説明。

そのうえで、「未来の人の事を、己の給料を削ってまでやってくれた政治家の夢が、今日、散った。 最高だった大阪が、一夜で、最悪に変わった」とツイートした。吉田は、大阪都構想に賛成の意見を出しており、否決されたことに対して悲しみを覚えていたようだ。


関連記事:草彅剛、『鬼滅』への対抗心燃やす ファンの間では「追いスワン」がブームに

 

■一晩あけてからツイートに謝罪

一晩経ってから、「この呟きは良くない。一時の感情が出すぎました」と謝罪している。

「『最悪』に変わってはない。ごめんなさい。分断はダメ。共に頑張りたい。ただ、熱い争いにガセが入り混むような事態は辛いなぁと、それは今でも思います」と綴っている。


■老害呼ばわりに反論

謝罪投稿の直後には、自著「黒いマヨネーズ」に「老人から選挙権を取り上げろ」といった旨のことを書いていると宣伝すると、「判断力にかけている」「下の世代から見たら老害」「自分と意見が違うものを排除する差別主義者」といったリプライが送られている。

それらに対し、吉田は、「言葉遣いが人として違う」としたうえで、「キメツケの刃は、ダメだぜ」と流行りの「鬼滅の刃」をもじった言葉を使いつつ意見した。

賛成約67万票、反対が約69万票という結果で5年前に引き続き、2度目の否決となった大阪都構想。吉村洋文大阪府知事は、自身では都構想に再挑戦しないとしており、長きに渡って論じられたこの政策は幕を閉じそうだ。

・合わせて読みたい→はじめしゃちょー、鬼滅めぐる企画が「リアルな炎上」と心配するファン続出

(文/しらべぇ編集部・Aomi