性格分析にも使われる血液型 気にしがちなのは30代女性と判明

性格や相性分析に使われる血液型。気にする人ってどれくらい?

ライフ

2020/11/05 12:00

血液型
(takasuu/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人間の血液型の分類方式のひとつとして「ABO式血液型」が日本では一般的に使われ、A・B・O・ABの4つの型に分けている。

そんな血液型だが、昔から性格や相性の分析に使われることがある。「Aと合う」「ABとは合わない」など、友人や交際相手の型を気にする人も多いらしい。


画像をもっと見る

 

■血液型を気にする?

では、血液型を気にする人はどのくらいいるのか。しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,844名を対象に調査を実施した。

結果「気にする」と答えた人は23.4%。多くの人は、とくに気にしていないようだ。


関連記事:『とくダネ』小倉智昭、山﨑アナへの発言に物議 「冗談でもその言い方は…」

 

■性別で傾向

気にする人を男女別に見ると傾向が出た。

女性の割合が高く、30代は41.7%が「気にする」と回答。20、30代も3割が血液型を気にしている。男性は気にしない人が多く、40代と60代は11.6%とかなり低い割合となった。

次ページ
■気しない人の声は?

この記事の画像(3枚)