セブンイレブンのハリボテサンドイッチ技術が向上か その高等テクニックがスゴい

セブンイレブンのハリボテサンドイッチ技術が向上!?

グルメ

2020/11/05 10:00

断面からは具材がはみ出るように見えるのだが、じつは後方には具がない、もしくは少量なことでハリボテだと物議を醸したセブンイレブンのサンドイッチ。

実際に記者が確かめてみたところ、味自体は美味しいものの、本当にハリボテと言われても仕方がない量の具しか入っていないサンドイッチがいくつかあった。


画像をもっと見る

 

■新作サンドのハリボテ感を調査

そんな中、4日に新作のトーストサンド『とんかつ』と『クラブハウスサンド』が新発売。もしかするとネットの声を受け改善されているかも? と思い、さっそく購入してみた。

まずはとんかつのトーストサンドを調査。どちらもはみ出るぐらいデカいとんかつが入っており、非常に美味しそうだが…


関連記事:セブンイレブン、超デカいキウイが入ったフルーツサンドが話題に

 

■片方が見事なハリボテ

ん!? 片方はしっかり耳の部分までとんかつがあるが、もう片方は耳から1センチ前後あいている箇所があり、ややハリボテになっている。

まあ人の手で作る物だから、多少の差があることは仕方ない。しかし、断面の部分は横幅ピッタリにとんかつがあることを考えると、これは意図的なのではないかと勘ぐってしまうほどの差であった。

次ページ
■クラブハウスサンドは…

この記事の画像(7枚)