牛丼2杯とドリンク合わせて実質45円になる裏技 その店舗に突撃すると…

今最もお得に食べられる牛丼は、養老乃瀧だった。その味も絶品。

グルメ

2020/11/10 08:00

ウマい・安い・早い、三拍子そろった牛丼。現在、牛丼3大チェーンで並盛を注文すると、350~390円で食べられる。

そんな中、居酒屋「養老乃瀧」で牛丼2杯とドリンクを注文すると、会計が実質45円になる裏技を発見したので紹介したい。


画像をもっと見る

 

■GoToイートを駆使した裏技

気になる裏技だが、10月1日から始まった「GoToイートキャンペーン」を駆使する。

オンライン飲食予約サイト経由で予約、来店すると、15時以降の夕食時間帯は、1人あたり1,000円分のポイント(昼時間帯は500円分のポイント)が付与されるので、よりお得に牛丼を楽しめるのだ。

「養老牛丼」は1杯385円(税込)なので、2杯注文すると770円(税込)。999円以下は、GoToイート対象外となるので、275円(税込)のソフトドリンクを注文すると1,045円(税込)となり条件達成。

1,000円分のポイントが付与されると、会計が実質45円となる訳だ。酒類の注文がない場合、お通し(税込231円)は提供されないので、ここもポイントだ。


関連記事:牛丼マニアなら常識 松屋の牛めしを実質80円引きで楽しむ方法

 

■キン肉マンにも登場

養老乃瀧の牛丼は、人気マンガ『キン肉マン』の作中で、幽閉されたキン肉マンに、正義超人のロビンマスクが差し入れとして持ってきたというエピソードで有名だ。

同作が連載されていた80年代は、松屋でもすき家でもなく、吉野家に並んで養老乃瀧の牛丼がポピュラーだったと語るファンも多く、キン肉マン作者のゆでたまご氏も唸らせるほどの味だったのだろう。

早速、牛丼を注文。小ぶりな丼だが、メニュー表にも書いてあるように、牛肉や玉ねぎは多めで提供された。どんな味なのか楽しみだ。

次ページ
■完成度が高すぎる牛丼

この記事の画像(7枚)