坂口杏里さんの現在に心配の声 生々しい傷跡写真など物騒な投稿相次ぐ

働いていた歌舞伎町のバーを“クビ”にされてしまったという坂口杏里さん。その後SNSに物騒な投稿が相次ぎ、ファンから心配の声が

エンタメ

2020/11/10 15:20

坂口杏里

元タレントの坂口杏里さんが、9日までに自身のツイッターやインスタグラムを更新。生々しい傷跡の写真など、何かトラブルに遭ったことをうかがわせる写真などが相次いで投稿され、一時インターネット上が騒然となった。



 

■歌舞伎町のバーで働いていたが…

2017年12月に芸能界を引退して以降、飲食店などで働きながら、一時期はバンドを組んで音楽活動をしたり、YouTubeでの活動にも注力していた坂口さん。

しかし今月4日、坂口さんが働いていた新宿・歌舞伎町のバーの関係者がツイッターにて、坂口さんを「本日をもってクビと致しました」と報告。

関係者は、出勤しなくなった坂口さんを心配し、店の従業員らが様子を見に行ったところ、坂口さんの明らかな異変を感じたため、3週間近く従業員や関係者たちで介抱したとも記している。


関連記事:高橋真麻、体調不安説の安倍首相に同情 「アベノマスクどうだったんだとか…」

 

■生々しい傷跡の写真なども

しかし、坂口さんは自身のインスタグラムなどに、縄状のもので縛られた跡が残る手足の写真とともに「両腕縛られ両足縛られ口をタオルで巻かれて」「生きているのかわかんなかった」と投稿。

「なんなら警察行きたかったけど」「こんなことしてつるんでる奴も、支持した奴も絶対に許さない 晒すもの沢山あるよ(原文ママ)」とただ事ではない状況をうかがわせていた。

しかし、その後坂口さんは「私の物凄い記憶違いでした」として、店の関係者に対する言動について謝罪。8日には、新しいバーで働き始めたことも報告している。


■「自分を大切にして」心配の声

一連の騒動を受けて、坂口さんのSNSにはファンから多くのメッセージが書き込まれている。

「大丈夫?」「杏里ちゃんの幸せを願ってる。心配です…」と、坂口さんの心身を心配する声の他、坂口さんは芸能界を引退して以降、いわゆる“夜の街”で度々トラブルを起こしていることから、「夜の仕事も悪くないと思うけど、できたら昼間の仕事でご飯も食べれて睡眠も取れて、自分の体のことも考えて大事にしてほしい。杏里ちゃんならどんな仕事でも頑張れると思います。もっと自分を大切にしてほしいですし体も大切にしてほしいです」と、“夜の街”から離れたほうが良いのではないかと訴えるファンも少なくない状況だ。

・合わせて読みたい→山崎賢人出演映画『狂武蔵』 主演・坂口拓が意外な製作経緯を明かす

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい