セブンイレブン、人気のド定番商品 見えない部分が変わっていた

セブンイレブンの「たことブロッコリーバジルサラダ」がまたもリニューアル。どこが変わったのかというと…

グルメ

2020/11/13 06:00

コンビニには、インパクトのある新商品が続々と登場する一方で、根強いファンを持つ定番商品がある。

セブン-イレブンの「たことブロッコリーバジルサラダ」(税込267円)も、そんな人気定番商品と呼ばれるものの1つだが、そんな同商品にさらに改良が加えられ、今月10日に“新商品”として生まれ変わった。


画像をもっと見る

 

■定番商品だけど「新発売」

セブンイレブン「たことブロッコリーのバシルサラダ」

今回リニューアルされた「たことブロッコリーバジルサラダ」は、東北、関東、甲信越、北陸、東海の広い地域で販売中(※店舗により取り扱いのない場合あり)。

見た目も鮮やかで、たこ×ブロッコリー×じゃがいも×枝豆×バジルソースという組み合わせが、デパ地下の惣菜のようなリッチ感があり、しらべぇ編集部員が訪れた店舗の店員は「とくに女性に人気のある商品という印象」と話していた。


関連記事:セブンのデカすぎるサラダチキンロール 低カロリーなのに満足感が桁違い

 

■今回の改良ポイントは

セブンイレブン「たことブロッコリーのバシルサラダ」

そんな同商品が“新商品”とまで謳われるほど改良されたポイントはどこなのか。同社によると、まずたこの下処理を大きく変更したとのこと。塩もみの時間を延長したことで、たこ本来の旨味と食感がアップしたという。

セブンイレブン「たことブロッコリーのバシルサラダ」

また、じゃがいもの調理工程も「蒸したてのじゃがいもにソースを和える」ことで、ソースとの一体感がグッと向上しているそうだ。

次ページ
■安定のおいしさと満足感

この記事の画像(4枚)