あびる優の“子供連れ去り”報道 須田亜香里のひと言がグッとくる

あびる優の子供連れ去り報道の話題の中で、両親のどちらかを選ばなくてはならなくなった子供の気持ちを、須田亜香里が代弁

エンタメ

2020/11/13 18:20

須田亜香里

SKE48の須田亜香里が、13日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。今月10日発売の『週刊女性』が報じた、あびる優の子供連れ去り報道に関する話題の中で、両親のどちらかを選ばなくてはならなくなった、子供の気持ちについて触れた。



 

■あびるの子供連れ去り報道

2019年12月に、格闘家の才賀紀左衛門と離婚したあびる。5歳の娘の親権は現在才賀が持っており、報道によると、あびるは才賀に無断で娘が通うスクールへ行くことが度々あるという。

その中で、「ママのおうちに行こうか」と娘をスクールから連れ出したこともあったようだ。親権者に無断で子供を自宅へ連れ去ることは、犯罪になってしまう場合もあると、番組出演の弁護士も警鐘を鳴らした。


関連記事:親権を奪われることを恐れて血迷った女 幼い実子3人を殺害し身柄確保へ

 

■会いに行くときは連絡すべき

離婚後の面会交流について、離婚した元妻が親権を持ち、あびると同じ立場にあるココリコの遠藤章造は、「(子供に)会いたい気持ちはある」とあびるに共感しつつも、「会いに行くときには必ず(元妻に)連絡をしてというのが当然のこと」だと指摘する。

遠藤の場合は協議離婚で、現在も元妻と高校生になった子供とはSNSで連絡を取り合うことができているそうだが、あびると才賀の場合は「5歳だと、やっぱり大人同士でやっていかないと、子供が戸惑うしかわいそう」と、大人たちがきちんとルールの中で子供に会わせるべきだと主張した。

次ページ
■「全部大人の都合じゃないですか」