SKE48・須田亜香里、小林麻耶騒動へのコメントが炎上 いじめ問題への過剰反応も

『バイキング』(フジテレビ系列)初出演のSKE48須田亜香里のコメントが炎上。なぜ炎上したのか、小林麻耶騒動と共に考察。

エンタメ

2020/11/15 06:30

須田亜香里

『バイキング』(フジテレビ系列)での、小林麻耶をめぐる須田亜香里の発言がネット上で批判を集めているようだ。なぜ炎上してしまったのだろうか。



 

■須田亜香里のコメント

『バイキング』では、小林麻耶の『グッとラック!』(TBS系列)降板騒動を特集。小林は、自身のYouTubeでスタッフからいじめを受け、ロケに行かない決断をしたなどの経緯を説明している。

初登場の芸能人コメンテーターであった須田は、小林がYouTubeで発信した状況について疑問を呈する。また、「本当にいじめがあったならば、助けてくれる人もいただろう」という。


関連記事:あだ名でいじめ受けた中川翔子 それでも「小学校のあだ名禁止」に反対する理由

 

■いじめ問題への過剰反応

この発言を受けて、ウェブ上では、いじめに遭っても助けてくれる人などいない、いじめられる側が悪いという論法ではないか、などと炎上している。

まず、須田の発言を聞いてわかるのが、つまるところは「信頼の問題を説いている」ということだ。須田の主張の力点は、YouTubeで問題を処理しようという判断状況にある。

もし降板となっても、「また一緒にお仕事しましょう」と声を掛けてくれるスタッフがいただろうという須田の含意は、YouTubeで勝手に動く判断状況との比較だ。

次ページ
■いじめ問題の対処法