お土産にするのはほぼ不可能 551蓬莱『甘酢団子』は地元ファンに大人気

551蓬莱でお土産に不向きなメニュー『甘酢団子』が激ウマ

グルメ

2020/11/15 10:20

551

大阪・難波に本店を構える、大阪へ行ったことがある人なら誰でも知っている超有名豚まん店といえば『551蓬莱』だ。

お土産に豚まんを買い新幹線で食べるとあまりの美味しそうな匂いに「豚まんテロ」という言葉も生まれるほどの人気だが、豚まん以外にもじつはお土産にはかなり不向きなものの、最高に美味しい料理がある。


画像をもっと見る

 

■お土産にできない理由

それは、10個入り350円(税抜き)で販売されている『甘酢団子』。なぜお土産に不向きなのかというと、賞味期限が当日までのため、持ち帰ってすぐに食べなければならないから。

配ることもできず、昼に帰って夕食にするなどしないと消費期限が切れてしまうので、府内に住んでいる人以外は大阪旅行や出張をした人のみ味わえる、特権のような料理なのである。


関連記事:三村マサカズが大絶賛した究極のもちアレンジレシピ 簡単なのに激ウマだった

 

■気になる味は…

温める前でもフタを開けると、甘酢の良い香りが漂ってくる。551蓬莱は中華料理店だが、この団子にはトマトケチャップやウスターソースがふんだんに使われているので、どことなく洋風な印象も感じられる。

気になる味だが、かなり甘さが強いため子供のおやつにも最適。また、辛口のお酒やご飯との相性もばっちりだ。


■それ以外の食べ方も

それ以外の食べ方で記者のおススメは、スパイスで炊いたバスマティライスに合わせること。こうすることでよりライスの香りが引き立ち、普通の白いご飯よりも肉団子の甘さや旨味をしっかり感じることができるのだ。


■イートインがある店も

豚まんのクオリティが高すぎるためついつい豚まんを大量に買ってお土産にしがちだが、551蓬莱にはさまざまな美味しい料理がある。

麺類などが食べられるイートインができる店もあるので、大阪に行くことがあったら、ぜひ寄ってみてほしい。

・合わせて読みたい→『ヒルナンデス』横山裕が「好き」と大絶賛する女性芸人 ファンも奮起

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(6枚)