大久保佳代子のスカートにトイレットペーパーが挟まる衝撃理由 「吸引している」

大久保佳代子がトイレットペーパーに関する恥ずかしい思い出を明かして…

エンタメ

2020/11/15 15:20

大久保佳代子

14日放送『有吉反省会』(日本テレビ系)で大久保佳代子が「スカートにトイレットペーパーが挟まる」理由を解説。一般的な考えとは異なる謎持論で出演陣を驚かせた。



 

◼大久保の女性あるある

鈴木紗理奈のYouTube配信動画で「トイレに入ってすぐに外出したとき、スカートにトイレットペーパーがついていた」と大久保が発言したと同番組で言及。

これに大久保は「女性あるあるですかね?」と立ち上がり、当時の様子をその場で再現しはじめる。


関連記事:大久保佳代子、50歳を前に誓い 「もっと穏やかになりたい」

 

◼吸引力が強い?

用を済ませてトイレットペーパーで拭く仕草をしたあと、「普通なら(トイレットペーパーが)便器に落ちるはずが、肛門の吸引力が強かったのか落ちきれなかった」と解説。スカートの腰の部分にトイレットペーパーが挟まり、しっぽのように垂れていたと振り返った。

女性あるあると主張した大久保だが、女性陣は「ないです」と否定。ここで博多大吉が「便座にトイレットペーパーを敷いて、それがついたままになるっていう話は聞いたことがある」と一般論を口にしたが、大久保は「それは違う」と断固として否定する。

次ページ
◼出すけど吸うもんじゃない

この記事の画像(1枚)