カレー通ゲイバーのママが日本一のカレー県・鳥取で食べ歩き 『かるだもん』

鳥取カレーの総本山にカレー通のゲイバーママが行ってみた結果

グルメ

2020/11/19 09:40

鳥取県といえば、11月に解禁された松葉蟹や梨をはじめとしたグルメがたくさんの県だが、じつはカレールーの消費量が日本一ということでも知られている。

そんなカレー好きが多いカレー県である鳥取県なら、ルーの消費量だけでなく美味しいカレーが食べられるレストランも、日本一多いかもしれない。


画像をもっと見る

 

■カレー県鳥取へ

そこで、新宿二丁目でバー『and』を経営する奏吉ママに協力を依頼し、鳥取で最高に美味しいカレー店を探すことにした。

えっ、なんでゲイバーのママがカレー? と思うかもしれないが、奏吉さんは「二丁目でもっとも美味しいスパイスカレーを作るママ」という客もいるほどの腕前を持つ、料理人でもある。

また、作るだけでなくカレーの食べ歩きもするという奏吉さんが納得する美味しいカレー店なら、自信を持って鳥取県以外に住むカレーマニアにもオススメできる店になるだろうというワケだ。


関連記事:『鉄腕DASH』長瀬智也と松岡昌宏のカレー食レポが絶妙 「らしさ全開」との声も

 

■鳥取カレーの超人気店『かるだもん』

まず1軒目に選んだのは、鳥取市内にある超人気カレー店『かるだもん』。この店の味を基本に鳥取カレーを作る人も多いほどの、まさに鳥取カレー総本山ともいえる店である。

カレーのボリュームは小から大、辛さは1から10まで選べ、トッピングも種類豊富。記者は1番人気のチキンを1辛で小、奏吉さんはとりきもを3辛で小で注文した。

次ページ
■爽やかな香りのカレー

この記事の画像(7枚)