GoToイート特集の最後で… 日テレ・桝太一アナが放ったひと言に反響

感染が拡大している状況下でのGoToイートキャンペーン。日本テレビの桝太一アナウンサーが、視聴者に呼びかけたことは…

エンタメ

2020/11/20 14:30

寿司職人
(wanessa-p/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

3連休を前に、20日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)では、GoToイートキャンペーンについて特集。その中で同局の桝太一アナウンサーが、GoToイートキャンペーンの利用に際して心がけてほしいことを、視聴者に呼びかけた。



 

■東京都の食事券が20日から開始

20日から、東京都のプレミアム食事券の販売がスタート。番組内では、GoToイートキャンペーンに合わせたプランを用意するホテル内のレストランなども紹介された。

しかしその一方で、19日には都内での新型コロナウイルスの新規感染者数が500人を超え、感染は拡大傾向にある。こうした状況に、GoToイートキャンペーンによって客が殺到し、店内での感染リスクが高まることを懸念している飲食店の声もあるという。


関連記事:吉村知事、“静かなマスク会食”を生放送で呼びかけ 「ずっとじゃないので」

 

■大好きなお店を守るためにできることを

桝アナは、感染が拡大している状況下でのキャンペーン実施に、「状況を考えた上で使うことになるかと思います」とコメント。

続けて、「この食事券の目的は、苦しい飲食店を救うためだということです。自分の大好きなお店を守るためにこそ、今年は距離、人数、時間と最大限の配慮をもって、できることを考えていきましょう」と呼びかけた。


■約3割「行きつけの店がある」

感染拡大下でのGoToイートキャンペーンの実施については様々な意見がある中で、柔らかい言葉を使って利用者側の協力を呼びかけた桝アナ。視聴者からも「桝さんがいいこと言ってた」といった反響が。

なお、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,789名を対象に実施した意識調査では、全体で30.0%の人が「行きつけの店がある」と回答している。

行きつけの店がある

現在では、新たにテイクアウトや出前サービスなどを初めた飲食店も少なくない。感染症対策に最大限配慮しながら、おいしい食事を楽しみたいところだ。

・合わせて読みたい→『TVタックル』木村もりよ氏と豊田真由子氏の壮絶コロナ論争に視聴者唖然

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)