20代男性の2割が「見守りカメラを設置」 プライバシーへの配慮が課題

自宅にいないときでも、スマホから様子を確認できる見守りカメラ。便利だが、プライバシーの侵害だとの声も。

テクノロジー

2020/11/21 10:30

自分の留守中に、家のことが心配になるのは当然だ。そのような人のために登場したのが、ネットを通じて自宅の様子を確認できる見守りカメラである。


画像をもっと見る

 

■「見守りカメラを設置」1割未満

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の8.8%が「家に見守りカメラを設置している」と回答した。

家に見守りカメラを設置しているグラフ


関連記事:ヒカキン、マリオカート最新作に大興奮 視聴者も衝撃「こんな時代が来るとは…」

 

■ペットの行動をチェック

性年代別では、10代から20代の男性が高い割合になっている。

家に見守りカメラを設置している性年代別グラフ

ペットの行動を確認するために、見守りカメラを使っている人も。

「猫を飼っていて、留守中でもチェックできるように見守りカメラを置いてみた。元からトラブルがあったわけではないけれど、いつでも見られるだけで安心感がある」(20代・男性)


離れた場所から、留守中の家の様子を見られるのは心強い。

「日中は家に誰もいなくなるため、スマホから自宅を確認できるようにカメラを設置している。心配性なので、カメラを置くことで安心したいのだと思う」(20代・男性)

次ページ
■プライバシーの侵害も

この記事の画像(3枚)