指原莉乃、スタジオの空気が一変した行動に称賛 「安心感やばい」

『しゃべくり007』に初出演したNiZiU。彼女たちを全力でサポートした指原莉乃に称賛の声。

エンタメ

2020/11/24 14:15

指原莉乃

23日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、9人組グローバル・ガールズグループ「NiZiU(ニジュー)」が出演。バラエティー番組初登場となる彼女たちのサポート役に徹した指原莉乃に、称賛の声があがっている。



 

■NiZiUのプレゼンターとして進行

NiZiUの大ファンとして知られる指原は、今回彼女たちの良さを知ってもらうための「プレゼンター」として出演。本来のMCである上田晋也に代わって、進行を務めた。

番組では、バラエティー番組初登場のNiZiUのために「バラエティ適応力」を審査する企画を実施。1次審査はバラエティに必要な「つかみ」の能力を審査していく。


関連記事:『Mステ』NiziUにあやかる嵐に両グループのファンから反響 「笑える」「うれしい」

 

■全力の一発芸でスタジオの空気が一変

1番手に挑戦したのはNiZiUのリーダー・MAKO。「マルゲリータの注文が入ったときのピザ店の店員」という特殊な一発芸を披露するも、残念ながら審査は失格だった。

ここで、しゃべくりメンバーから指原へ「あなたはマルゲリータできるの?」「ちょっとやってみ」と無茶振りが。MAKOが披露した一発芸を全力で披露してややスベると、スタジオの空気は一変し、次の挑戦者が芸をやりやすくなる雰囲気に。

次ページ
■リアクション芸でもサポート