警視庁、食用品ラップの“引き出し口行方不明事件”の意外な解決方法を提案

意外にストレスがたまる……。食品用ラップの境目が分からなくなる現象の解決法とは。

話題

2020/11/24 20:40

クレラップ

おにぎりを包んだり、前日の残り物にラップをして置いておくなど、日々の生活で何かと便利な食品用ラップ。しかし、ラップの引き出し口が分からなくなってしまった経験はないだろうか。「爪を立てながら、探したけど引き出し口が見つからない」ということも多い。


画像をもっと見る

 

■警視庁が教える裏技

その素朴な疑問になんと警視庁警備部災害対策課の公式ツイッターが答え、ネットで注目を集めている。

同アカウントは食用品ラップについて、「必要な時に引き出し口が分からなくなりイライラした経験はありませんか」と日常生活のあるあるを語る。そんなときは、輪ゴムをラップに巻いて左右に2~3回コロコロねじると、引き出し口が簡単に見つかるという。


関連記事:辻希美の“手抜き弁当”が素晴らしすぎる… 自宅待機中にYouTube再開

 

■さまざまな声があがる

驚くほど簡単な方法にネットでは、「これを知っているのと知らないのでは大違いだ」「イライラしたことがあります。これは助かります」「一度やってみます」など、さまざまな反響が寄せられている。

やはり皆、一度は引き出し口が分からなくなってイライラした経験があるようだ。しかし、これで解決ではない。本当にこの方法で引き出し口を見つけることができるのか、実際に試してみることに。

次ページ
■驚くほど簡単だった…

この記事の画像(8枚)