白石聖「何色にも染まらない」 女優としてのポリシー秘められた写真たち

九十九里浜の撮影は仕上がりが心配なレベルの悪天候だったが、一流の写真家はさすがだった?

白石聖

昨年放送されたドラマ『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ系)で見せた圧巻の演技で、「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」新人賞を受賞するなど、98年生まれの“奇跡の世代”と呼ばれる役者たちの中でも、実力No.1の呼び声が高い注目の女優、白石聖(しらいし・せい)。

今年はドラマ『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系)の主演を務め、10月10日にはファースト写真集『白石聖 2016-2020』(ワニブックス)を発売した。

そんな彼女の写真展『-COLOR-(カラー)白石聖×関根一弘』が、東京・渋谷のtokyoarts galleryにて、今月29日まで開催されている(開場は正午~午後8時で入場無料)。しらべぇ取材班では今回、同会場で白石にインタビューを実施。写真展の見どころ、撮影の思い出など話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■写真展開催の経緯

―――今回の写真展はどういった経緯で開催されることになったのですか?

白石:いつもお世話になっていて信頼しているメイクさん、衣装さんとのチームで、何か作品を残したいという思いがずっとあって。


その中で、写真集とはまた違うテイストの写真の写真展をやってみませんか? というお話をいただいたので、写真として芸術的に、アーティスティックな部分で、21歳の私を収めてほしいと思い、やらせていただくことにしました。


関連記事:乃木坂46の勢いは止まらない セカンド写真集の8度目の重版が決定

 

■「何色にも染まらない」は今も変わらない

白石聖

―――写真家の関根さんは今回の写真展について、「何色にも染まる彼女と、何色にも染まらないという強い意志を秘める彼女を撮影したかった」とコメントを出されています。白石さんはこれを聞いて、どのように思いましたか?

白石:「何色にも染まらない」というのは、私が雑誌の取材で、女優の仕事をしていく上でのポリシーを一言で書くという企画があったときに書いた言葉なんです。


私は今でも変わらずそう思っていて、女優の仕事をしていく中で、変わりたくないという思いが根本にあります。でも、作品ごとには別人に映っていたらいいなと思っていて。関根さんのコメントを聞いて、今回撮ってくださった写真にも、私のその部分が秘められていたんだと改めて感じて嬉しくなりました。


今回の写真展のタイトルが『-COLOR-(カラー)』となっているように、真っ白なスタジオで、シックな黒い衣装を着て撮影したり、私の中のいろんな表情を色に喩えて引き出してもらいました。

次ページ
■頑張って良かったと思える作品に

この記事の画像(9枚)